高所作業車ブログ

  • inq_sp_tel.png
  • inq_sp_tel_02.png
  • お問い合わせはこちら

2017.03.22更新

年度末、オペレーター・ドライバーの数が足りなくなってきた様で、私のとこにもヘルプの連絡が入りました。
という事で、オペレーター業務に従事する事に、私何気にオペレーター業務は好きなんです。
というのも、現場の一員として様々な業種の方と携わることが出来、普段中々聞くことが出来ない現場の生の声を聞けるいいチャンスだからです。
今回のお仕事は、某所にて高所作業車AT-121TGRに乗り現場へ。ガラスの交換作業を行うことに。設置スペース的にはかなり広いスペースがあったのですが、必ず車一台通れるスペースを残さないとダメだと現場サイドからの指示があり、かなりキツキツな設置になりました。
職人さんいわく、本当はステージ型がよかったみたいなんですが、場所的に非常に狭いスペースだった為、ステージ型が使用不可となり121に…。
ブーブー言う職人さんとバケットに乗り、私から簡単に説明させていただいたのですが、皆さんはお解りになるでしょうか?
職人さんは成る程ねーと納得してくださり、ハイスピードで作業が捗り予定より2hも早く終わったみたいです。










答え…。
簡単に説明すると、アウトリガーの張り幅です。
今回の現場、作業スペースは比較的広かったんですが、車が一台通れるスペースを必ず確保しないといけなかった為、アウトリガーが横張り出しするステージ型が使用不可になりました。

pic20170322122941_1.jpg



pic20170322122941_2.jpg



pic20170322122941_3.jpg

投稿者: オートレント

entryの検索

カテゴリ