高所作業車ブログ

  • inq_sp_tel.png
  • inq_sp_tel_02.png
  • お問い合わせはこちら

2019.04.16更新

写真では非常にわかりにくいですが、現場は住宅密集地で作業車設置可能なスペースも限られており、建物隣の一般住宅への引込み線(電線)の直ぐきわでの作業となっています。

工事というと、工事を行う側の人達がより安全に効率的に行える方法を考えるかと思いますが、長期的な現場になると近隣へのご理解を求めたり、第三者への安全確保を求められるケースも少なくありません。
電線への防護管設置もある意味、近隣への安全確保に対する配慮であると共に、工事を行う業者さんがより安全に効率良く作業を行う為の準備とも言えます。
何せ、引込み線(電線)を万が一切断してしまったら…そこのお宅は停電です…。
家の内状迄はわからないですが、電気が切れたことで起こりうる損害を請求される可能性が非常に高くなる為、非常に恐ろしいとも言えると思います。

※写真の現場では、低圧線のみでしたが他の現場では高圧線もあったり、送電線や鉄道などの電線ぎわでの作業もあり得るかと思います。
電線ぎわでの作業を行う際には、防護管の設置は必須となりますので、ご検討下さいます様にお願い致します。

pic20190416082257_1.jpg



pic20190416082258_2.jpg

投稿者: オートレント