高所作業車ブログ

  • inq_sp_tel.png
  • inq_sp_tel_02.png
  • お問い合わせはこちら

2019.05.24更新

とある現場、歩道にそこそこの穴が空いていた為、気になって現場に居たかたにお願いし、写真を撮らせていただきました。

インターロッキングに切り込みを入れ、ガス管の交換工事しているのだそう。

現場にいた職人さんに色々教えて頂いたところ…
インターロッキングのタイルの下の構造は、基本的に土、その上に砂利及び砂で下地を作り、10cm厚程のタイル(場所によっては5cm厚もあるらしいです。)を乗せただけなのだそうです。
インターロッキングにする事で、見た目は綺麗になるのだが、地面を一度掘り起こす事により、地盤自体が緩くなる事が多く、また長い年月かけた場所だと雨や木の根等で、土の中に空洞が出来やすくなるのだそうで、写真の場所にも空洞があったそうです。表面から僅か30cm下辺りです。
職人さん曰く空洞の上、地表部分にピンポイントに圧力をかけると、簡単に陥没しますね。と笑っていました。勿論、人の体重程度ではなんともないそうです。

特に都内、歩道に車を乗せての作業を行う場合には注意した方がいいそうです、新築・建て替え等でしょっちゅう歩道を掘り返しては埋め掘り返しては埋めを繰り返している様で見た目では全くわからないですが、かなりの割合であちこちに空洞が出来ており大変危険なのだそうです。。
道路管理者さんの言う、養生は必ず行ってくださいの意味が何となく理解出来ます。

作業車を歩道に乗せて作業をお考えのお客様、人の体重は多くみて100キロ、作業車ですと、多くて約7t〜8tあります。大型クラスになれば、10tや20tなんてものもあるので、やむなく歩道へ乗せて作業する場合には養生の仕方も検討して頂けたら幸いです。


pic20190524180037_1.jpg



pic20190524180037_2.jpg

投稿者: オートレント