高所作業車ブログ

  • inq_sp_tel.png
  • inq_sp_tel_02.png
  • お問い合わせはこちら

2015.04.30更新

来たる5/2(土)埼玉スタジアムにて、眺望体験会を開催致します。

当日は、大型高所作業車ハイパーデッキのAT-400CGとステージ型高所作業車スーパーデッキAT-200Sの2機種をご用意致します。

これ迄何度か紹介させていただきましたが、地上高40mからの景色は格別です。まだ体験されたことのない方も、既に何度か体験された方も是非お越しください。40mはさすがに怖いという方はスーパーデッキをご利用下さい。

年齢・性別・身長等の制限はございません、料金は無料です。
安全の為に弊社にてご用意させていただくヘルメットと安全帯(ベルト)を着用して頂きます。
また、それぞれ一度に乗れる重量に制限があります、お友達同士やご家族等離ればなれにならない様配慮します関係で、順番が前後してしまう可能性がありますこと、予めご了承下さい。

投稿者: オートレント

2015.04.25更新


本日はAT-121TG(R)にて樹木の剪定作業にオペとして現場に来ております。

花粉の量、ハンパないです。

職人さんがチェーンソーでじゃんじゃん枝をはらい、ワッサワッサと枝を揺らし花粉が飛散、真下に落とすと又々飛散。

事前に花粉ガードの防御策を講じ、現場でも同類(花粉症)の親切な職人さんから、これ凄く効くからオペさんも付けるといいよと、全身に何かをスプレーしてくれた上に防塵マスクとゴーグルを貸していただきました。
いやいや、凄いのなんのって。全身粉まみれ。


てか、凄く効くっていうスプレーの商品名くらい聞いておけば良かった〜と、ほんのり後悔しながら、帰社しました。

pic20150425100330_1.jpg

pic20150425100330_2.jpg

投稿者: オートレント

2015.04.22更新

既にご存知の方は確認の意味でご覧ください。

スーパーデッキ=ステージ型 の高所は作業床が広く複数人数による作業や複数の資機材を乗せた状態での作業も出来るので、ひじょうに重宝されております。
ですが、全高がかなり高いのが難点で高さ制限があったりする現場には不向きです。

で、ここから先は知っておくと役立ちます。ってお話しなんですが、ステージの回りについている手摺は全て外すことが可能です。
さらに、上部の操作盤もビスを外しさえすれば、手前に倒すことが出来る為、本来の全高より50cmばかり低くなります。
運転席内に表示されている全高を参考に高さ制限を通過する際などに活用して下さい。

※公道を走行する際には活用しないでください。あくまでも現場敷地内などの一時使用が望ましく、外した手摺をそのまま置いてきてしまったり、走行中に落下させるなどし、事故に直結する危険性があります。

pic20150422190926_1.jpg

pic20150422190926_2.jpg

pic20150422190926_3.jpg

投稿者: オートレント

2015.04.16更新

もぉ梅雨入り?
ってくらい長い雨も一区切りかな?

川口の本社より、ダブルの虹

pic20150416072712_1.jpg

投稿者: オートレント

2015.04.13更新

今回のオペはAT-157CG 屈伸型高所作業車です。
お客様と共にバケットに乗込み作業開始です、と思いきやお客様より、オペさんさぁ〜俺高所の資格持ってるから、俺に操作させてくれないかなぁ〜との申し出により、お客様とオペを交代することになったのですが、私、職人さんの行う作業は出来ないので、下降りてますから、なんかあったら声かけて下さい。
ってことになり、地上から木の枝〜気をつけて下さ〜い、とか声による援護射撃。。のつもりが、オペさ〜んコッチ行きたいんだけどどぉしたらいい〜?
で、右のレバーを少し左に傾けて、左のレバーは右斜め上で〜す・・・な感じに大きな声でのやりとりが続いたのですが、途中から面倒くさくなり、というか喉が痛くなってきたので、操作はこちらで代わりますんで、行きたい方向を指差して下さいとお願いし、下部操作することに。。。
ガラスに写るバケットを頼りに下部操作にて、ガラスと木の枝の僅かな隙間にバケットが収まる様に操作し、無事に作業終了。
予定よりも大幅に時間短縮出来たと、喜ばれました。
オペをやりたがったお客様ですが、つい最近屈伸型を使用した経緯があり、まだ日も浅いし出来るはずと思ったそうですが、作業場所が変わるとやっぱり難しいね、オペさんにやってもらわなかったら、終わらなかったかも。とお褒めを頂きました。

オペレーターの仕事は、お客様に代わって作業車を的確にスピーディーに操作することはもちろんのことですが、お客様だけでなく、工事を行なっている建物に住む住民(新築の時は隣接住民)、付近を通行している第三者への配慮も行なっており、安心安全に繋がるよう、徹底しております。
皆様、オペレーター付きレンタルもご検討下さる様、お願いいたします。


pic20150413113026_1.jpg

pic20150413113026_2.jpg

pic20150413113026_3.jpg

投稿者: オートレント

2015.04.04更新

既にご存知の方は、確認する意味でご覧ください。

知っていると便利というより、いざって時に焦らないで済むって感じかな?
排出ガス浄化装置=排ガス装置・排ガス燃焼装置・DPD・DPF・DPR等、シャーシメーカーによって名称は様々ですが、操作方法はほぼ同じです。

そもそも排出ガス浄化装置とは、自動車(とくにディーゼル車)の排ガスに含まれる微小粒子状物質をフィルターや触媒を使って除去する装置。排気ガス浄化装置の事を指しており、弊社で保有している、ふそう、いすづ、日野それぞれに付いています。
弊社では、出荷前の点検時に燃焼動作を行い、ゲージもゼロに近い状態にしてからお客様へレンタルしておりますが、車によってゲージの溜まり方は様々な為、丸一日動かしても溜まりきらない車もあれば、半日動かしただけで溜まりきる車もある為、休憩などの時に確認していただく必要があります。

操作方法は、運転席内にしおりがおいてありますので、ご確認下さい。SWがある場所も車種によってバラバラです。写真は日野自動車のものです。
ちなみに、ゲージが溜まり燃焼動作を行わず放置(エンジンかかってる状態)し続けると、走行規制がかかったり(ふけなくなる)、エンジン警告灯が点灯したりと、不具合が多数出ます。
また、そこまでいくと工場にて修理となってしまう為、修理代も発生しますので注意が必要です。

排ガス浄化装置付きの車輌をレンタルすることになった場合には、出発する前に、排ガス浄化装置使用方法の確認と、SWの場所を確認することをお勧めします。

pic20150404110024_1.jpg

pic20150404110024_2.jpg

pic20150404110024_3.jpg

投稿者: オートレント

  • 24時間受付対応! 048-283-0341 お問い合わせはこちら
  • inq_sp_tel.png
  • inq_sp_tel_02.png
  • お問い合わせはこちら